コロロ学舎加古川

1998年開室のコロロ発達療育センター神戸教室に通われる保護者の方々からの「関西でも成人期の療育をできるコロロの施設を」という強い想いが実現しました。
児童達の将来を見据え、生活介護・共同生活援助・短期入所事業も含めたトータルな生涯支援体制を整備するため加古川市・東播磨地域の自然に恵まれ落ち着いた環境のこの地に2018年、法人を設立しました。コロロ学舎加古川は「コロロ発達療育センター」が母体となり設立されたコロロで一番新しい法人です。

シンボル「春蘭」

加古川遊館の玄関外壁には「春蘭(しゅんらん)」のプレートが取り付けられています。どんな土地にも根付き、花開くことからコロログループの新天地加古川でも、地域に根付き親しんでいただけるようにという想いから、コロロ学舎加古川のシンボルとなっています。

施設紹介

加古川遊館

2020年に開所した、生活介護(定員42名)の事業所です。支援室からの見通しがよく、すれ違いやすい広々とした廊下、集団歩行やダイナミック・リズムといったコロロ・メソッドに適した広いスペースを多く備えています。


風翠(かざみどり)

2020年に開所しました。グループホーム6棟(定員42名)と短期入所(定員5名)の事業所です。木造の良さを生かして梁を見せた共同生活室(リビング)など家庭的な雰囲気を大切にしています。入所者、短期入所者の方々がご家庭に戻られても穏やかな生活ができるように設計しています。


法人本部住所 〒675-0321
兵庫県加古川市志方町志方町1611-3
代表連絡先 TEL 079-453-2221 / FAX 079-453-2220
提供サービス 生活介護事業所
共同生活援助(グループホーム)
短期入所(併設型)
相談支援事業所
法人情報公開 WAMNETに掲載

施設長挨拶

「誰一人として排除しない」

当法人の理念として掲げているこの言葉の裏には、排除されている方がいる世の中があります。

「みんなが一人のために一人はみんなのために」

同じく理念として掲げているこの言葉の裏には、長時間何もない部屋に施錠され一人っきりで過ごしている方がいます。

この先進国日本において、未だこのような状況に置かれている多くの方々がいる事は紛れもない事実です。
その現実を私たちが知ってしまった以上、そこから目を背けることはできません。
この様な状況を少しでも打開しなくてはいけない、人間らしい生活・経験をさせてあげたい、そのような思いで私たちは日々利用者と向き合っています。
加古川遊館・風翠は、コロログループで初めての関西圏にある成人施設です。開設早々に定員が埋まり、ありがたいことに既に次の施設計画を望む声があがっています。
しかしながら コロロメソッドによる療育や支援によって、この様な境遇に置かれている方々へ手を差し伸べていく為には、私たちの力だけでは足りません。それは、現在利用されている方々へ適切な支援を提供していくことはもちろん、東播磨地区の地域生活拠点としての責務を全うすること、そして未だ見ぬ全国各地の困難な状況におかれている方々までもが、私達の掌握範囲であると考えているからです。
社会は一人一人の集まる集団で構成されています。その地域社会で暮らしていく力を育むために、私たちはコロロメソッドの根幹である集団療育を続けていきます。
皆様方のご理解とご協力が私たちの活動の支えとなっております。

社会福祉法人 コロロ学舎加古川
加古川遊館・風翠施設長
羽田 雅幸
 Haneda Masayuki

TOP